SmartNewsとGunosyの広告配信で気づいた違いや特徴(初動編)

Tags: Gunosy SmartNews ネイティブ広告 運用型広告

Date: Update:

Web広告と言ってもその媒体は多種多様にあります。
運用型広告だけを取り出してみても、Yahoo!やGoogleといった検索広告から始まり、Yahoo!、Googleのディスプレイ広告、Facebook、Instagram、LINEなど、その特徴やシステムの変更点を把握するだけでも一苦労です。
特にシステムについては詳細が目に見えないために、実際に運用を行いながら一つずつ検証していくしかありません。

今回は弊社でお問い合わせが増加している「SmartNews」と「Gunosy」の広告配信事例をもとに、広告クリエイティブを追加したときの初動について気が付いたことをまとめました。

 

オークションに関わる両媒体の特徴

  課金方式 CV計測 マイクロCV計測 手動入札
SmartNews CPC/CPM課金 有り なし
Gunosy CPC/CPM課金 有り あり

配信事例からみる特徴

BtoCのサービス登録を促す商材の配信の事例を紹介します。
どちらも、既存の広告配信中に新しい広告Aと広告Bを追加したときの初動7日間の数値の変化です。
SmaetNews、Gunosyともに、
A:追加広告1
B:追加広告2
C:既存広告
で同じ日の数値を比較しています。

初動に関する考察

SmartNewsとGunosyでの広告追加時、動きが異なると考えています。
SmartNewsでは既存広告の配信量が抑えられ、新しい広告の露出が増えました。
Gunosyでは既存広告と同水準の配信量になりました。

配信結果を比較して、
■新しい広告を追加したときには、SmartNewsもGunosyも配信量、CTRが担保されてデータを取得している。
■3,4日でデータ取得を終え、広告の良し悪しの判断をしている。

このような仮説を立てました。
現在もこの仮説を検証中です。
日予算の設定額の違いでデータ取得期間が異なるのかも気になるところです。
それは次の機会に…!

本日のまとめ

SmartNewsの運用型Standard AdsとGunosy Adsの広告の初動について気が付いたこと。
・新しい広告は初動時に配信量やCTRが担保されているようだ。
・3,4日程度で広告の良し悪しを判断しているようだ。

あくまで仮説だけれど、今も検証を継続しているよ!
第二弾もお楽しみに!

お問い合わせはこちら

関連する資料がダウンロードできます!

貴社の ビジネスゴールから設計する運用型広告プランニングの要点

ダウンロード