Facebookの個人アカウントとFacebookページの違いを知っていますか?

Tags: Facebook Facebookページ

Date: Update:

世界最大規模のSNSであるFacebook。
Facebookには、一般ユーザーの使用する「個人アカウント」と企業や団体が使用する「Facebookページ」の2種類があります。
この二つは見た目は非常に似ていますが、機能や目的、使い方が大きく異なります。
本記事では「個人アカウント」と「Facebookページ」の違いについて解説していきます。
 

個人アカウントとは

Facebookを利用する際に最初に作成するのが個人アカウント(プロフィール)です。
個人アカウントは実名登録することがFacebook規約で定められた原則となっており、偽名はもとより会社名や団体名での登録も不可となっています。

・アカウント上の名前は、普段の生活で友達があなたを呼ぶときの名前にしてください。また、本人確認書類か本人確認書類リストに含まれている書類に記載されている名前にする必要があります。
・プロフィールは、個人としてのみ利用できます。ビジネス、組織、または特定のアイデアについてはページを作成してください。

これらに違反した場合はアカウントが停止され、ログインできなくなってしまうリスクがありますので注意が必要です。

個人アカウントは私的な利用を想定しており、”友人・知人と情報交換する場”という位置づけです。

Facebookページとは

以前は「ビジネスアカウント」と呼ばれていたもので、企業や団体、公人・著名人等が広く情報発信をする場であり、Facebook上のホームページのようなものです。
広告の配信や予約投稿、インサイト(ページのアクセス数やいいね!数を調べる機能)など、個人アカウントでは利用できないビジネス向けの便利な機能が多数利用できます。
Facebookページは個人アカウントを持っていれば誰でも作成可能です。逆に言えば、個人アカウントがないとページの作成はできません
個人アカウントにログインした状態でFacebookページを作成し、作成者にページの管理権限が与えられる仕組みです。また、作成したFacebookページを操作するときは、必ず自分の個人アカウントでログインしている必要があります。
たまに「FacebookページのログインID・PASSがわからない」という問い合わせをいただくことがありますが、上記の理由からFacebookページ自体にID・PASSは存在しません。このあたりは他のSNS媒体と違うところなので混同されている方もいらっしゃるかもしれません。
個人/ビジネスのアカウントの考え方・関係性について他の媒体(Twitter・Instagram)と比べてみました。
また、Facebookページを作成しようとして、間違って会社名で個人アカウントを作成してしまっているケースも時々見受けられますが、前述の通り規約違反でアカウント停止になってしまう懸念がありますので、その場合は下記フローで改めてページとして作成し直す必要があります。
※以前は個人アカウント(プロフィール)をFacebookページに変換できましたが、現在はできなくなっています。

 間違って作成したアカウントを削除する⇒(個人アカウントを持っていない場合:正しい内容で再度個人アカウントの登録をする)⇒Facebookページを作成

個人アカウントとFacebookページの違い

ここまで個人アカウントとFacebookページについて主に使用目的や登録の面でそれぞれの特徴をみてきましたが、その他機能面についてもいろいろ違う点がありますので主な違いを表にまとめて比較してみました。
こうして比較してみると、違いがよく分かるかと思います。
個人アカウントは私的利用を前提としているため様々な制限がありますが、Facebookページは自由度が高く、ビジネス向けの機能が充実していますね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
Facebookページは複数作成でき、複数人での管理運用が可能という点でビジネスで利用するには便利な反面、会社などの大きな団体になるとページ数や関わる人が多くなることでその管理についても問題になってくるかと思います。
Facebookページの管理にはビジネスマネージャの利用が便利です。ビジネスマネージャを利用するとFacebookページ以外にもInstagramアカウントや広告アカウントの管理も一元化できます。
別記事でビジネスマネージャの導入についてもまとめていますので、よろしければご参照ください。