GAを活用してデータフィード広告の結果を詳細に分析しましょう!

Tags: Facebook広告 GA4 Googleアナリティクス LINE広告 データフィード 運用型広告

Date: Update:

データフィード広告を運用している皆さん、このようなことに困っていませんか?
最近LINEダイナミック広告を配信したけど、管理画面に商品レポートがない!?
iOS14.5がリリースされてから、Facebookのカタログ販売キャンペーンにおいて商品別のコンバージョンなど確認できなくなってしまった(汗)
データフィード広告のパフォーマンスを改善するためには、どの商品の広告がクリックされたか、どの商品が売れているか、商品の配信傾向を把握することが大事です。しかし媒体仕様でこのようなデータを確認できない場合も多いでしょう。

そんなときは、Google Analytics(以下、GA)を使えば、商品の配信傾向を確認できるのです。この記事では設定方法とレポートの見方を共有したいと思います。

 

パラメータを設定して広告のデータをGAに送る

各媒体の配信結果をGAで確認するためには、遷移先URLにパラメータを追加する必要があります。
よく使っているパラメータは以下に記載しますね。
utm_source:媒体名(例:utm_source=line, utm_source=facebook)
utm_campaign:広告フォーマットタイプ(例:utm_campaign=dynamic, utm_campaign=DYN)参考:カスタム URL でキャンペーン データを収集する

各媒体からのトラフィックをGAのセグメントとして確認する

パラメータが設定できていれば、各媒体からのトラフィックの確認が可能になります。

【GA – UA】

【GA4】

セカンダリディメンションやフィルターを指定すればデータが表示されますが、各種レポートの数値を確認したり、複数媒体の実績を比較したりするときにいちいちフィルターを設定すると少し面倒だと感じてしまいますよね。このような場合は、各媒体のセグメントを設定しておくことを推奨していますー!

GA(UA)とGA4のセグメントの作成方法が異なっているため、以下の画像と公式ヘルプを参考しましょう。
参考:新しいセグメントを作成する(GA – UA)セグメント ビルダー(GA4)

【GA – UA】

【GA4】

GA4では上記設定ではセグメントを保存できぬ、毎回設定が必要になってちょっと不便かなぁ…

よく見るレポートをご紹介

GAを使うと広告からのランディングページ、離脱ページなど管理画面にはない様々なレポートを確認できます。今回は、商品別の実績を確認するために私が最も見ているレポート「eコマース」を紹介します。GA(UA)とGA4のレポートが異なっているため、それぞれ説明していきます!

【GA – UA】
★確認手順:コンバージョン > eコマース > 商品の販売状況 > ショッピング行動

★確認可能指標

指標 解釈
商品 商品名、商品のSKU、商品カテゴリ&商品ブランド
商品リストの閲覧回数 商品リストにて商品の表示回数
商品詳細表示 ユーザーが商品詳細ページを閲覧した回数(商品別の広告経由の
クリック数に一番近い指標であるため、どの商品から流入数が多いか
確認できる)
商品がカートに
追加された回数
該当商品がショッピング カートに追加された回数
商品がカートから削除された回数 該当商品がショッピング カートから削除された回数
商品の決済回数 該当商品が決済手続きの対象となった回数
固有の購入数 ユーザーが指定した商品または商品セットを購入した合計回数
(1トランザクションに複数の商品を購入できるため、広告経由の
コンバージョンとは異なっている)
Cart-to-Detail 率 商品詳表示回数に対してカート追加回数の割合
Buy-to-Detail 率 商品詳細表示回数に対して固有の購入数の割合

【GA4】
★確認手順:レポート > 収益化 > eコマース購入数

★確認可能指標

指標 解釈
アイテム名 アイテムID、アイテムのカテゴリ、アイテムのブランドなど

アイテムの
表示回数

アイテムの詳細が表示された回数(商品別の広告経由のクリック数に
一番近い指標であるため、どの商品から流入数が多いか確認できる)
カートの追加 商品がカートに追加された回数
表示後カートに追加された商品の割合 商品を表示したユーザー数に対して同じ商品をカートに追加した
ユーザー数の割合
eコマース
購入数
ユーザーが購入手続きを完了した回数(トランザクション数)
表示後購入
された商品の割合
商品を表示したユーザー数に対して同じ商品を購入したユーザー数の
割合
商品の購入
数量
購入イベントに含まれる1つのアイテムのユニット数
アイテムの
収益
アイテムからの合計収益(税金と配送料を除く)

 

本日のまとめ

データフィード広告を運用するにはGAが本当に欠かせないものやね!
2023年7月1日よりGA(UA)がもう計測できなくなるけん、早めにGA4のレポートを使いこなしたいなぁー!