【広告主様向け】Facebookアカウント、危ない使い方をしていませんか?

Tags: Facebook Facebookアカウント

Date: Update:

お客様から
「Facebookアカウントがブロックされてしまった」
というご相談を受けることがあります。

Facebookは実名利用を前提としたSNSという特性もあり、
怪しいアカウントに非常に敏感な媒体です。
そこで本記事では、ブロックされやすい利用状況と解決方法についてご紹介します。

媒体からはアカウント停止の理由として以下が挙げられています。

Facebook公式より引用

  • Facebook利用規約に従っていないコンテンツを投稿している
  • 偽名を使用している
  • 他の人になりすましている
  • Facebookのコミュニティ規定に違反したFacebookで許可されていない行為を続けている
  • 嫌がらせ、広告、宣伝、その他の許可されていない行為を目的として、他の利用者に接触している
投稿や他ユーザーとの関わりについてはポリシーに準拠して頂くしかありませんが、
以下については悪意なくやってしまいがちなので注意が必要です。

・偽名を使用している
・他の人になりすましている

この2つに該当してしまう原因についてご説明します。

 

原因1:アカウントの複数利用

Facebookページの投稿を担当されている方などで
「プライベートのアカウントは身バレが気になるから…」
と仕事用Facebookアカウントを作成し、公私を分けている方もいらっしゃると思います。

しかし、架空の人物アカウントや「同一人物(と思われる)アカウント」が重複する状態は
媒体から冒頭で紹介した停止理由「他の人へのなりすまし」「偽名使用」を疑われる可能性が高いです。

原因2:アカウントの使い回し

Facebookページの投稿など作業体制はこんな状態ではないでしょうか?
・社内用アカウントを使用している
・別の担当者が投稿作業する時も上記の共用アカウントにログインして使用

複数名がひとつのアカウントを使い回すことも、
停止理由「他人へのなりすまし」に該当するリスクがあります。

さらに、上記のような共用アカウントがFacebookページの唯一の管理者だった場合
アカウントが停止されてしまうと誰もページ管理をすることができなくなってしまいます。

また、アカウント停止以外にも
「管理者が退職してログインしていたメールアドレスが無くなった」
「ID、パスワードを紛失した」

といった場合もページへのアクセスができなくなってしまいます。

解決方法:

手詰まりになってしまう前に2つの解決方法をご検討下さい。

実名アカウント利用


・プライベート(実名)アカウントへの統一
・ひとり1アカウント利用

アカウント停止となりうる利用状況を変えるということですね。
不測の事態に備えて、ページの管理者も複数体制にしておくとさらに安心です。
追加メンバーが元々アカウントを持っておらず新規開設される場合も、ご自身のプロフィールで開設されることをおすすめします。

ビジネスマネージャー導入

ページ・Instagramアカウント・広告アカウント、それに関わるメンバーやパートナーを一元管理できるツールです。
管理者を簡単に追加できるので一人がログインできなくなった場合のバックアップも簡単です。
(二名以上管理者にしておくと安心です。)

また、それぞれに違った権限を割り当てられるので引き継ぎや分担もスムーズに行なえます。
※ビジネスマネージャー導入の際も「実名利用」「ひとり1アカウント」を前提にご利用ください。

ちなみに、ビジネスマネージャー上ではプライベート利用ときちんと分けられるよう工夫もされています。
・ユーザー同士はFacebook上の「友達」には当たらない。
・氏名を自由に変更可(個人用アカウント名と一致させる必要なし)

詳しい開設方法については別記事で紹介しています。
安心・安全なFacebookページ運用に向け、ぜひ導入をご検討下さい!