Facebook リーチ&フリークエンシー購入タイプ配信してみた

Tags: Facebook Facebook広告 リーチ&フリークエンシー

Date: Update:

 

皆さん、こんにちは!

さて、今回はFacebookのリーチ&フリークエンシー購入タイプの配信についてご紹介します。

 

リーチ&フリークエンシー購入タイプの配信とは?

オークション購入タイプとは異なり、事前予約型の広告配信になります。

また、フリークエンシーを設定することが可能です。

フリークエンシーをカスタムすることで、

一定期間内における1人あたりの表示回数をより細かくコントロールしたり、

指定したターゲットの中で幅広くリーチさせたりすることが可能になります。

(参考:リーチ&フリークエンシー購入について

ちなみに、今回の配信では使用しませんでしたが、シーケンス配信することも可能です。

 

設定方法

➀キャンペーン作成>購入タイプ「リーチ&フリークエンシー」と目的を選択

 

➁広告セットで配信期間、期間予算、ターゲットを指定

予算を入力すると、推定リーチ数を知ることができます。

予算以外に、「リーチ数」や「〇%ターゲット層」に基づいて配信ボリュームを決めることもできます。

また、広告セットでターゲットや配信面、フリークエンシーを指定すると、推定数は変わります。

③予約してアップロードを押す

④広告を作成

 

結果

今回、配信開始前の媒体予測結果は以下のようになりました。

実際に配信してみた結果は下記のとおりです!

リーチ数 713,857

CPM ¥820

フリークエンシー 1.62

ほとんど推定通りに配信され、リーチに関しては推定数を上回っています。

 

注意点

リーチ&フリークエンシー購入タイプにおける注意点をいくつか挙げたいと思います。

・利用

 リーチ&フリークエンシー購入タイプの配信は、条件を満たしている広告主のみ利用可能なため、

 まだ利用できない場合もあります。

・設定の編集

 キャンペーン開始前は編集ができますが、

 配信開始後は、以下のように編集できる設定が限られます。

  編集×  フリークエンシー、配信面、オーディエンス

  編集〇 クリエイティブ、予算、配信期間 

 編集可能な設定でも、配信状況よっては編集ができない場合があります。

 (参考:リーチ&フリークエンシーキャンペーンを編集する

・消費ペース

 1日あたりの費用が均等になるとは限りません。

 今回の配信では、前倒しでコスト消費する傾向がありました。

 一方で、期間最終日まできちんと配信されました。

本日のまとめ

リーチ&フリークエンシー購入タイプ配信は、表示をコントロールしたり、事前に予測を立ててから配信したりすることができます。計画的に配信したい方にはオススメなんやね!