【絞り込み部分一致廃止】今後のマッチタイプどう変わる?

Tags: Google広告 Yahoo!広告 媒体アップデート 広告運用 検索広告

Date: Update:

 

皆さん、こんにちは

毎日厳しい暑さが続き、冷たいものが欠かせない筑波です。

皆さんは夏バテしていませんか?

私の夏バテ予防法は梅干しです。超一般的…

 

それはさておき、2021年7月に検索広告にキーワードのマッチタイプ「絞り込み部分一致」が廃止されたのはご存知ですか。

今回は絞り込み部分一致廃止による今後のマッチタイプがどう変わっていくのかお伝えします。

 

2021年7月 絞り込み部分一致廃止

Google 広告では 2021 年 2 月より、絞り込み部分一致(BMM)の動作をフレーズ一致に組み込むアップデートを開始しております。2021 年 7 月より、フレーズ一致と絞り込み部分一致のマッチング動作はすべての言語で新しいフレーズ一致動作に統一され、指定したキーワードの意味を含む検索であれば広告の表示対象となっています。                        フレーズ一致と絞り込み部分一致の変更について – Google 広告 ヘルプ

2021年7月

GoogleとYahooともに絞り込み部分一致が廃止され、絞り込み部分一致のマッチング動作はフレ       ーズ一致に統合され、新しいフレーズ一致が誕生しました。

それによりキーワードのマッチタイプはこれまで4種類ありましたが3種類になりました。

絞り込み部分一致廃止とフレーズ一致が新しくなる影響を簡単にまとめると、

・フレーズ一致は絞り込み部分一致とほぼ一緒のマッチタイプになる。(新しいフレーズ一致の誕生)

・これまでのフレーズ一致と同じ設定ができるマッチングタイプがなくなる。

上記2点が大きな変更ポイントになります。

絞り込み部分一致が廃止される前に登録していた絞り込み部分一致や旧フレーズ一致のキーワードは現在も絞り込み部分一致や旧フレーズ一致の表記のまま広告配信がされていますが、実際のマッチング動作としてはどちらも新しいフレーズ一致キーワードの動作で動いています。

今までキーワードの中の1語だけを絞り込み部分一致に指定して登録していた人も多いかと思います。そういったキーワードはキーワード全体が含まれるフレーズ一致として扱われ、新しいフレーズ一致のマッチング動作で動きます。

 ( +愛媛 賃貸   →  ”愛媛 賃貸”   として扱われる。)

 

新しいフレーズの誕生

絞り込み部分一致が廃止され、フレーズ一致と統合された事により、新しいフレーズ一致が誕生しました。

では新しいフレーズ一致とはどのようなマッチタイプか説明していきます。

Google広告では新フレーズ一致のマッチング動作は、従来版フレーズ一致よりも拡張性に優れ、廃止された絞り込み部分一致よりはやや制限を強めた内容と表記されています。

上記から新しいフレーズ一致ができたことで

従来のフレーズ一致で登録しているキーワード→リーチが拡大する

従来の絞り込み部分一致で登録しているキーワード→リーチが縮小する可能性がある

という点は把握しておいていただきたい。

以前の絞り込み部分一致や旧フレーズ一致のマッチング動作と比較してみるとイメージつきやすいと思いますので、以下の表にまとめてみました

マッチタイプ 絞り込み部分一致 旧フレーズ一致 新フレーズ一致
登録キーワード +青 +鞄 “青い鞄” “青い鞄”
青い鞄 通販 ◯  ◯  ◯ 
 鞄 青い 通販 ◯ 

絞り込み部分一致と旧フレーズ一致の一番の違いは、旧フレーズ一致では「登録キーワードと同じ語順の検索語句とその類似パターン」に広告表示されるという部分がありました。しかし、新しいフレーズ一致では、語順関係なく、登録キーワードと同じ検索意図を持った検索に対しては広告が表示されます。また、旧フレーズ一致では語句の間に他の単語が入っている場合(類似パターンは除く)広告表示の対象外でしたが、新しいフレーズ一致では広告表示の対象になります。

※類似パターンについての詳細はこちらで確認できます。

キーワードの類似パターン – Google 広告 ヘルプ

絞り込み部分一致で「+青 +鞄」で登録した場合、「青い鞄 通販」「鞄 青い 通販」どちらでも広告が配信されますが、旧フレーズ一致で「”青い鞄”」と登録した場合「鞄 青い 通販」では広告が配信されないという違いがありました。

新しいフレーズ一致では、語順が変わっても広告が配信される可能性があります。

※どのような語順の変化にも対応するわけではなく、語順が変わることで検索意図が違ってくる検索語句は広告表示の対象とはならない。

 

Google広告公式ヘルプでは以下の例が掲載されています。

(画像引用元:フレーズ一致と絞り込み部分一致の変更について – Google 広告 ヘルプ

上記の図からも、新しいフレーズ一致で従来の絞り込み部分一致の領域はほぼほぼカバーできていることがわかります。

新しいフレーズ一致では「東京から神奈川までに引越しサービス」を探すユーザーに対して広告配信し、「神奈川から東京までの引越しサービス」を探すユーザーに対しては広告配信しないような仕組みになっています。

「引越し サービス 神奈川から東京まで」という検索語句は語順が変わることによって登録キーワードと検索意図が異なっているので配信されない可能性があります。

 

今後やるべき対応

今後は絞り込み部分一致での入稿(+記号を付けての入稿)ができなくなるので、フレーズ一致での入稿(”◯◯”)で入稿しましょう。

現時点登録している絞り込み部分一致や旧フレーズ一致キーワードは自動的に新しいフレーズ一致としてマッチング動作を行うようになるのでわざわざ変更し直す必要はありません。

しかし、絞り込み部分一致と旧フレーズ一致で同じ内容のキーワードを登録していた場合、Googleの最適化案に「重複するキーワードを削除しましょう」と表示されます。その場合はピックアップされた重複キーワードを削除することをおすすめします。                                    

また、現在登録している従来のフレーズ一致は新しいフレーズ一致に変更されることで従来のリーチより広がる可能性があるので、予算制限にならないように注意することと、広告表示対象から外したい検索語句あれば随時除外キーワードとして追加していくことをおすすめします。

逆に、従来の絞り込み部分一致より新しいフレーズ一致はリーチが絞られるため、今までリーチできていた検索語句にリーチできなくなる可能性もあるので、キーワードを追加し、出なくなったキーワードをカバーしていくことをおすすめします。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

絞り込み部分一致廃止により今後マッチタイプがどのように変化するのか理解していただけたでしょうか。

今後もアップデートは頻繁に行われると思いますが、アップデートによってどのような影響が起きるのかをしっかり理解し適切な対応を行っていくことが大切ですね。

 

参考:フレーズ一致と絞り込み部分一致の変更について – Google 広告 ヘルプ