【Yahoo広告】キーワードと広告文の一致率を高めるメリット

Tags: Yahooスポンサードサーチ リスティング広告 運用型広告

Date: Update:

皆さん、こんにちは!
梅雨が始まり、洗濯物が乾かなくてちょっぴりブルーな岩田です☔
乾燥機付きのAI洗濯機がいつか欲しいです!

さて、いきなりですが皆さんは広告文を考えるときに登録しているキーワードとの一致率って気にされてますか?
今回は、キーワードと広告文の一致率を高めることでインプレッションとクリック率は改善するのか検証をしてみたので、その結果を共有したいと思います。

 

キーワードと広告文の一致率を高めるメリット

検証の前に、なぜキーワードと広告文の一致率を高めることがインプレッション増加・クリック率向上に繋がるかをご説明します。
Yahoo検索広告では、広告が掲載されるたびに「広告オークション」が行われ、「オークションランク」が算出されます。算出されたオークションランクを基に広告の掲載順位が決定します。オークションランクが低い場合には、広告が掲載されない可能性があります。

オークションランクの仕組み

広告オークションの仕組みは以下のとおりです。

1.インターネットユーザーが検索した内容と一致するキーワードが設定された広告がすべて検出されます。

2.1.で検出された広告の中から、掲載対象とならない広告が除外されます。

3.2.の中でオークションランクの高いものから順に、広告が表示されます。

オークションランクの構成要素

➀「広告グループやキーワードに設定した入札価格」

➁「広告の品質」・・・推定クリック率、表示URLの過去のクリック率、広告文と検索クエリーの関連性、広告が掲載された地域別の掲載実績(アカウント全体)、インターネットユーザーの検索クエリー、各種デバイス(PC、スマートフォン、タブレット)での広告の掲載実績など。

参照:掲載順位の決定方法

広告文の文言にキーワードを取り入れることで、広告と検索クエリーの関連性が上がるため、広告の品質とオークションランクが上がることが想定されます。オークションランクが上がると、インプレッションシェアが上昇し、インプレッション増加が見込めます。
また、検索クエリーと広告の関連性が上がることで、ユーザーの関心を集めやすくなりクリック率が上昇する傾向があります。

検証内容

キーワードと広告文の一致率を高める利点を理解したところで、いよいよ実際の検証結果のお話です。

事例詳細

商材:オーダーパンプス
媒体:Yahoo広告

検証軸

インプレッション
クリック率

仮説

キーワードを含む広告文を追加することで、キーワードと広告の関連性が上がり、オークションランクが上がる。
その結果、インプレッションシェアが高まり、インプレッションが増える&クリック率が向上する。

既存のキーワード「+パンプス +幅広」「+パンプス +歩きやすい」を広告見出しに入れた2つの広告を配信し、各キーワードのインプレッション数・クリック率に変化があるか検証しました。

結果

結果は、以下の通りです。
広告追加前後の27日間を比較しました。

➀キーワード:【+パンプス +幅広】
・インプレッションシェア:上昇
・インプレッション:減少
・クリック率:上昇

※インプレッション数は減少していますが、インプレッションシェアは広告追加後から高まっているため、検索数の減少が要因といえます。


➁キーワード:【+パンプス +歩きやすい】
・インプレッションシェア:上昇
・インプレッション:増加
・クリック率:上昇

①と②ともにインプレッションシェアが上昇しました。仮説のとおり、広告の品質が上がり、オークションランクが高まったため掲載機会が増えたと考えられます。また、キーワードと広告見出しの一致率が高まったことで、ユーザーの関心が集まりやすくなり、クリック率も向上しています。

まとめ

今回の検証から、広告文とキーワードの一致率を高めることでインプレッションシェアとクリック率向上に繋がりやすいことが分かりました。登録したキーワードのインプレッションやクリックがなかなか伸びない場合には、一度広告文を見直してみてはいかがでしょうか?

本日のまとめ

自分が検索したコトバが広告タイトルにあるとついついクリックしちゃうよね~
ユーザーに刺さる広告文を日々探して成果につなげれたらええなぁ