【Shopify】を広告運用の視点でみる~初回購入を計測する方法~

Tags: dataLayer Shopify 広告運用 運用型広告

Date: Update:

こんにちは!
ながく続くおうち時間の影響もあって、ビジネスのデジタル化が急がれていますね。
社内へのEコマース(EC)案件のご相談も増えてきており、私も身をもって実感中です。

今日は、そんななか特に注目が集まっているShopify(ショッピファイ)について書きたいと思います。
ただ、Shopifyに関する記事は数多く書かれているので少し角度を変えて、運用型広告代理店の視点でまとめていきます!

Shopifyとは

Shopifyは、全世界175ヶ国100万ショップ以上に導入されている世界最大のECプラットフォームです。
国内でも2017年11月に日本法人が設立されて、Shopifyを利用するEC事業者や開発パートナーも増え続けています。

選ばれる理由を簡単にまとめると、

  • 低コストではじめられる
  • サイトの構築や更新が簡単
  • 越境ECにも対応している
  • アプリが豊富で拡張性が高い
  • APIの活用で業務を効率化できる

のような点があげられます。

必要な機能がすべて備わっています。不要なのは何もありません。
Shopifyでオンラインストアを簡単に構築および管理できます

そう公式サイトに記載がある通り、さまざまな機能がShopifyには備わっています。

初回の購入を計測する方法

さて、本題に入ります。
今回は、初回購入の数を計測して、Googleアナリティクスへ連携する方法のご紹介です。

認知・購入など、さまざまな目的でWeb広告を使い分けますが、Shopifyのデフォルト機能を活用して、設定をすこし工夫することで初めて購入された数を計測することができます。

設定はliquid(shopifyを構築する際に利用する言語)でデフォルトサポートされているAPIを使用。
購入時サンクスページのforloop.lengthに入るのが現在のオーダー数、初回ユーザーの場合はこの値が必ず「1」となります。
その場合にのみdataLayerイベントを利用して、GTMに購入金額などの情報と合わせてイベント名を付けて情報を投げてあげます。
そして、そのイベントをトリガーにGoogleアナリティクスへトラッキングイベントを送信する、というのが一連の処理フローです。

※ShopifyPlusでしかcheckoutページは編集できない仕様となっていますが、ShopifyPlus以外のプランでも編集可能なcheckoutScriptsから追加すれば同じ結果を出せると思います。

この設定で、Googleアナリティクス内の行動>イベントから、初回購入数や購入金額を確認できます。アナリティクスの目標に設定することで、各参照元やメディアごとの成果を一覧で確認することも可能です。

もちろん購入数は、Shopify管理画面の中でも確認できますが、広告代理店など社外のチームと情報を共有する際にGoogleアナリティクスとの連携が役立ちます。
また、この計測を活用して初回購入CPA初回購入ROASなど、広告施策のKPIを初回軸で運用していくことも可能です。

計測することを目的にしない

色々と仕組みを理解していくと、Shopifyはその他のさまざまな計測にも柔軟に設定しやすいECプラットフォームといえそうです。
これまで設定しようと思うと複雑な改修が必要だったり、時間がかかったりしていたことが、より手軽に可能になっていくと思います。

設定が容易になる分、広告運用において改めて大切にしたいのは、計測することを目的にしないことです。
さまざまな数値が見られるからこそ、

  • どの媒体のどんなターゲティングの初回購入効率が良いのか
  • 商品を求めているユーザーに出会うためにはどの施策のなにを見直すべきなのか
  • 想定するターゲットに対してどんな広告文が伝わるのか

などなど、数値から読み取れる結果に対して新たな仮説を立て、成果をより良くするために検証をおこなっていくことに時間を費やしていきたいですね。

Shopifyは構築や運営など作業部分が手軽になり、考えるべきことに集中できるといわれていますが、その本質は運用型広告も同じです。

まとめ

以上、今回はShopifyを少し違った視点からまとめてみました。

お取り組み中の案件を含めて、想いが伝わるECサイトが増え、サイトそのものの立ち位置が変わってきたように感じます。
ただ買うためのサイトではなく、気持ちや想いを共有できるサイトが増えるのは素敵ですし、ワクワクしますよね!

お取り組みが増えるにつれて「あ、このサイトShopifyだ」とわかるようにもなってきて、今ではさまざまなShopifyのサイトをみつけて徘徊するという、、謎の趣味と化しつつあります。。

(サイトを見ているだけで楽しいんですが、ニヤニヤし過ぎて社内で怪しまれていないか心配です。笑)

これからもShopify使用サイトは増えてくると思うので、また違った視点からブログにまとめていきたいと思います。

本日のまとめ

まだまだ伸びてきそうなShopifyは今後も楽しみやね!

みよったら広告まわりでも色々できそうやけん、これからもShopifyを広告の切り口で紹介していこわい!