【ウェブの枠を超えたサポートでお問い合わせ増加】
有限会社 宮岡製箱所様

Tags: shift リスティング広告 代理店 実績・事例

Date: Update:

有限会社 宮岡製箱所

代表取締役 宮岡 陽至様

http://www.kinohako.jp/

 

Q.Shiftに業務を依頼されたきっかけは?

きっかけは、たしか岡本社長が新聞に紹介された当社の木の製品の記事を見て、訪問されてきたことですね。ウェブでの告知の仕方に悩んでいた時に、岡本社長の話を聞いて「この人なら任せられるかも?」と思いました。しかもビジネスにおけるウェブを使った広告の運用の仕方にはじまり、会社としてのビジネスの方向性まで、非常によく理解し提案してくれる。 今ではすっかり頼りにしてますね。

Q.WEB広告の必要性を早い段階から感じていたのですか?

以前からインターネットやホームページの重要性というのは考えていて、実は比較的早い段階から当社もホームページを開設していたんです。しかし、その当時はただ作っただけで、運用しているとは言えませんでした。それでいろんなウェブの代理店にもお願いしていたのですが、どこもハードやシステムを売りつけたあとはフォローがない。けっこう痛い目にあってきたんですよ(笑)。

そんなときにshiftさんが表れて、まずは木のカレンダーの販売からはじめた。ウェブページの制作からリスティング広告にいたるまでありとあらゆる部分で支援頂きました。これが問い合わせが多くて、その結果にびっくりしたんです。ただ単にホームページを立ち上げるのではなく、どうすれば効果が出るのか、そのノウハウをしっかり持っているところと組まなければダメなんだと思いましたね。

Q.Shiftに依頼し、実際に業績として変わったところはありますか?

何よりホームページからの問い合わせが格段に増えたというところがあります。木の箱をはじめ木の製品という特殊なアイテムなので、なかなか一般の消費者向けの商品じゃない。でも広告の打ち方ひとつで、企業などから大量の受注を受け付けることができる。そのことに気づかせてくれましたね。今では関東からの受注や問い合わせが7〜8割ほどになりました。

Q.Shiftのサービスで不満に思った点はありますか?

今のところ提案してきてくれる内容も非常に満足していますので、特に不満に思ったことはないのですが、しいて言えば「スピード感」という部分でしょうか? 決して今がスピードが無いというわけではないのですが、私たちは現在のところほとんどを岡本社長に直接依頼することが多いんです。しかし岡本社長もこういう業務だけではなく、社長業も行わなければならない身。だからちょっとした依頼をしてもいいのだろうか?と思って、気持ちの部分のタイムロスが出てくる。言い換えれば「タイミング」の問題なのかもしれないですね。
そのためにも岡本社長以外のスタッフの育成にも力を注いでもらえたらと思います。

Q.Shiftに対しての意見や要望をお聞かせください。

今や当社にとってウェブ広告は重要な集客の手段になっていますので、今後もそのサポートをお願いしたいと思っています。問い合わせが増えたと言ってもこの業界は斜陽産業になってきています。だから次のステップに踏み出さなければと思っていますし、そうしなければ生き残っていけません。
しかしそんな時、やりたいことを伝えればshiftさんはすぐ提案し形にしてくれる。今後も私と一蓮托生の気持ちで(笑)、ともに歩んでくれればと思っています。