【2021年最新】SNS/ネイティブ広告 媒体毎の入稿規定 ~画像・動画 編~

Tags: Facebook広告 Gunosy LINE広告 SmartNews Taboola Twitter広告 クリエイティブ 運用型広告

Date: Update:

 

 

Facebook、Twitter、SmartNews、LINE広告…など、様々な媒体を運用していると

あれ?あの媒体の画像サイズって・・

ファイル容量の規定っていくつだっけ?

 

と、混乱してしまうことがありますよね。

お客さまから聞かれた時、パっと出てこなくて焦ることもしばしば・・😅

そこで今回は、

SNS/ネイティブ広告媒体の画像・動画の入稿規定をまとめてみました🙌

 

各媒体のヘルプページや最新の媒体資料からの情報を記載していますが、

日々アップデートされる為、今後も最新情報に更新していく予定です。

※スマホで表が見えにくい方はこちらを参照ください。

 

SNS/ネイティブ広告 媒体別画像・動画の入稿規定

◆Facebook

  • Facebook広告において、画像や動画のアスペクト比の要件は、配置面によって異なります
    各配置面で推奨されるアスペクト比はこちらから。
  • Facebook広告公式ヘルプページ詳細はこちらから

◆Twitter

※1 一部の広告主様は、媒体側へ申請することで最長10分まで延長できる場合があります。

  • Twitter その他の様々な広告クリエイティブ仕様についてはこちらから。

◆LINE

  • LINEの「広告」と「メディア」入稿規定はこちらから。

◆SmartNews

  • SmartNewsの媒体資料はこちら。(入稿規定は22ページ以降を参照)

◆Gunosy

◆Taboola

Taboolaに関する詳細なポリシーはこちらから。

 

まとめ

広告フォーマットの種類が多いTwitterのような媒体は画像サイズや容量も様々ですね。

また、Facebookでは配置面によって推奨されるアスペクト比が異なるので、可能な限り推奨に沿ったサイズを入れることをお奨めします。

お客さまにお伝えする際は画像のサイズや容量以外に、画像にテキストを含める場合はテキスト量や文字の大きさ、トリミングされても問題ない配置かどうか、を事前に確認しておくと修正回数が少なくなります。