2021年は採用デジタルマーケティングを活用しよう!

Tags:

Date: Update:

皆さんあけましておめでとうございます。

採用デジタルマーケティング部の土居です。今年もどうぞよろしくお願いいたします。

2020年の今頃はミレニアムな年になると誰もが思い、まさかマスクをしているのが当たり前になる時代とは夢にも思わなかったですね。

ですが2020年で様々なことが変化し、またそれに対して対応をしていく1年になったかもしれません。

もちろん採用市場もだいぶ様変わりはしましたが、決して不安要素が大きくなったわけではありません。

むしろこのような時代だからこそ、欲しい人材を採用できるチャンスなんです。

ではどのような動きをしていけば良いのかが気になっているところだと思いますので、今回はそこをブログに書かせていただきます。

コロナ時代だからこそ欲しい人材を採用できるチャンス!

早速ですが、2020年の採用はいかがだったでしょうか。

まだまだ採用に上手くいかない企業様も多々ありますし、また人材不足の企業様もたくさんあるのが現状です。

ですので実は今採用市場はかなり熱い状況なのです。では何が理由なのかを書いていきます。

 

・人材の流出が始まった。

コロナによって業種によっては厳しい状況に陥りました。あの花形の航空業界がここまで厳しくなるとは思いもしませんでした。

また「希望退職」という言葉や「コロナ解雇」などの言葉が2020年はよく聞きました。

企業の縮小や売上減少により、雇用者を減らさないといけなくなり人材の流出が始まってきました。

地方ではそこまで聞くことはありませんでしたが、都市部では本当にこのような話をよく聞きました。

 

・地方へのUターン・Iターンが増えた。

コロナにより、都市部で生活をするのが不安になったという人が増えました。

また「リモートワーク」が当たり前になり始めて、どこの場所でも仕事ができるようになり、住む場所を都市部ではなくても仕事ができるようになってきました。

正直コロナが無ければ、まだまだリモートワークが普及するのには時間がかかったのではないかと思います。

このような状況により都市部で仕事をしなくても、地方で仕事をするほうがメリットが多いと感じ、UターンやIターンが増えてきました。

 

・お金をかけて欲しい人材を採れるチャンスが上がった。

2020年以前はお金をかけても全く採用につながらず、企業の採用担当者も諦めモードになっていました。

私たちも採用デジタルマーケティングを通して企業様のお手伝いをさせていただいておりますが、2019年と2020年の応募の感じが全く違います。

お金をかけても採れない時代から、お金をかけて欲しい人材を採る時代に変化してきたのは間違いありません。

ただお金かけなかったら採用まで繋がるのが厳しいのは今も変わっておりません。

そして闇雲にお金を使って露出度をあげたら良いというわけではなく、どのように欲しい人材に自社の求人情報見てもらうか、そして応募してもらうかという緻密な計画が大切です。

 

採用デジタルマーケティングを活用することでチャンス拡大!

上記でなぜ今が採用チャンスなのかを書かせていただきましたが、ただ求人を出したらいいかというとそうではないのです。

そこには2つのキーワード「原稿」「運用」が必要不可欠です。

原稿の質

いくら良い企業でもそれが求職者に伝わらなければ意味がありません。

求職者の目に留まり、「応募したい!」と思わせるための原稿を作らなければいけません。そしてそれは自社でするにはかなりハードルが高いのです。

なぜなら自社で書くと、主観的な原稿しかできないからです。自社の良いところをたくさん社員が書いたとしても、それが求職者に届くわけではありません。

客観的に見て、企業の魅力を十分に引き出すことができるライターなどが一番です。

自社では「え?そんなとこが魅力になるの?」と思うことが、実は求職者にとってはとても魅力のある部分だったりするのです。

Shiftの採用デジタルマーケティングはプロの専門ライターに原稿を依頼し、取材して素晴らしい求人原稿を書いています。これにより今までとは全く違う反響を得られた企業がたくさんあります。

 

運用していく

原稿の大切さを書きましたが、いくら素晴らしい原稿を書いたとしても、それが求職者の目に留まらなければ宝の持ち腐れです。

その求人広告をしっかりと運用していくことで、とてつもない結果を出すことができるのです。

 

しかしこの運用も簡単なようで簡単ではありません。そして大企業のように人事部があり、人事の仕事だけできるような企業が地方にはそこまではありません。

兼務で人事をしているところがほとんどです。また運用はノウハウがなければコストがかなりかかってしまいます。

お金をたくさんかけるのではなく、いかに費用対効果をだしコスパ良くできるかです。

Shiftは広告に対して西日本でもトップクラスで、独自の広告ノウハウを持っているので、採用運用は右に出る企業はいないほどの自負があります。

お手伝いをさせていただいてる企業様は「こんなに結果がでるなんて!」や「運用を任せて本当に楽になった」などの嬉しいお言葉をいただく事が増えました。

2021年は採用デジタルマーケティングを活用しよう!

いかがだったでしょうか。実は2021年は採用をするにはかなり熱い1年なのです。

実際Shiftでお手伝いをさせていただいている企業様では月に80名以上の応募があり、「多すぎだよ!」と嬉しいお叱りをいただいたところもあります。

「採用デジタルマーケティング」はこれからの採用にとっては、かなり強力な武器になります。

ぜひこのツールを使って、御社の成長の起爆剤になるような欲しい人材を採用していきましょう!!