『採用デジタルマーケティング』blogを始めました!

Tags: Indeed Wantedly 採用 採用コンサル 採用デジタル

Date: Update:

はじめまして!

採用デジタルマーケティング事業部、採用コンサルタントの土居です。

いきなり長い肩書きで、あやうく噛みそうでしたが・・・(笑)

この度採用デジタルマーケティングのブログを担当することになりました。

これからどうぞよろしくお願いします。

 

ではブログ一発目として、いったい採用デジタルマーケティングとはいったいどのようなものなのか?

そこを皆さんにお伝えさせていただきます。

 

採用デジタルマーケティングは新たな形

突然ですが皆さん知っていました?

Shiftは運用広告会社であって運用広告会社であらず、実は採用にも特化した会社だということを。

そしてこの採用デジタルマーケティングというツールがとてつもない事を。

 

このツールは今までの採用ツールと違い、全く違う反響を得ることができる優れたツールと言え、間違いなくこれからの採用の新しい仕組みとして注目をされていくことになります。

今お手伝いをさせていただいている企業様からもたくさんのお喜びの声をいただいております。

 

では『採用デジタルマーケティング』とは何か?

採用デジタルマーケティングマーケティングがこれからの採用の新しい形とお伝えしましたが、ではいったいどのようなものなのかをお伝えさせていただきます。

採用デジタルマーケティングとは、

『お客様とともにノウハウの構築を進め、Google jobs やindeed、ウォンテッドリー。そして、FacebookやInstagramなどのデジタルメディアを複合的に活用し、欲しい人材の採用に特化した採用マーケティング』

 

つまりデジタルとアナログを融合させて、欲しい人材を採りにいくということです。

これが今までとは全く違う反響を作り上げる、これからの新しい採用の形になります。

 

どのような反響を生み出していくのか?

採用デジタルマーケティングがどのようなものかと理解をしていただいたところで、いったいこの採用デジタルマーケティングがどのような反響を生み出していくのか?

そこが一番人事担当の方が気になるところだと思います。

 

これは一概には言えませんが、今まで様々な採用ツールを使用したが、全く採用につながらなかった企業様がいました。

藁にもすがる思いで、この採用デジタルマーケティングツールを使ったところ、ひと月に応募が0~2名程だったのが、毎月応募が10名以上になった成功事例があります。

またこの採用デジタルマーケティングは、求職者から応募を待つ『待ちの姿勢の採用』ではなく、いかに企業の欲しい人材が応募をしたくなるようにアタックをかけていく『攻撃型の採用』と言えます。

 

現在Shiftでお付き合いをさせていただいている企業様も、今までとは全く違う採用の反応に満足をしています。

何といってもShiftは解約率が、他の求人関係の会社よりも格段に低く、またフォロー体制が抜群で顧客満足度が高いので、長くお付き合いをしてくれる企業が多数います。

 

まとめ

採用デジタルマーケティングは、今までの採用とは全く違う反響を生み出していく、新しい形の採用ツールです。

昨今の求人状況は求職者優先の売り手市場になっており、企業が人材を採用するために費用をかけていくのが普通になっています。むしろ費用をかけても人材がとれない厳しい状況と言えます。

闇雲にお金をかけてしまっても採用には繋がりません。

Shiftはしっかりと企業の経営者や人事担当と、明確な採用計画と採用人数を設定し、そしてその人材を採るためにプランを立て、その採用案件を改善・改善・改善・タイミング、そして改善をして欲しい人材の応募につなげていきます。

 

次のブログからはどのようなツールを活用していくのかなどをお話しさせていただきますね。

ぜひこれからの新しい採用の仕組み『採用デジタルマーケティング』を使ってみてください。

本日のまとめ

Shiftでも採用のお手伝いをする仕事をしているんだ!
デジタルとアナログの融合って難しそうだけど、なんだか面白そうだよね。

ツールの説明はまた次回、楽しみに待っててほしいな。